ohaka to ojizousan


私は今まで何度か不動産会社で賃貸マンションを借りる契約をしたことがありますが、その中でも特に印象に残った物件について書きたいと思います。
その物件は私が初めて不動産会社で賃貸マンションを借りる契約をした物件です。
結婚を目の前にして、新生活をどこにしようか探していました。
私にとっては初めて住むことになるところだったので、どうすればよいかわからず地元で知られている会社を教えてもらって新生活を始める住宅を探すことにしました。
私たち夫婦は8月の下旬に結婚式を挙げて新婚旅行から帰った後から新生活を始めるところでした。
幸い近くに同じ月の8月下旬に完成する賃貸住宅があったので早期に契約を交わしました。
結婚してすぐに新築の物件に住むことができるなんて本当にラッキーだと会社の方に言われました。
私もあまり運がよい方ではなかったので、本当にうれしかったことを今でも覚えています。
建設中の住宅を見せてもらってやっと実感がわいてきました。
しかし完成が予定の8月下旬よりも遅れてしまい、新婚旅行から帰ってすぐにこの住宅で新生活を送ることはできませんでした。
その間は主人の実家にいたのですが何度も住宅を見に行っていました。
少しずつ完成する物件を見ていると早く住みたい気持ちでいっぱいになりました。
そして10月初旬に入居することになりました。
本当に待ちに待った完成です。
家族みんなで喜びました。
初めて部屋に入った時は嬉しくてたまらなかったことをいまでも鮮明に覚えています。
この住宅では約6年暮らすことになったのですが、ここで子供たちが生まれて、一緒にご飯を食べたりお風呂に入ったり、家族団欒だったことを今でも思い出します。
我が家にとってここに住んでいた6年間は初めてのことがいっぱいで不安もありましたが、いろんな経験をして成長させてもらったところだと今は思っています。
今でもお世話になった不動産会社の方々と6年生活させてもらったあの賃貸マンションには本当に感謝しています。
今は車で1時間30分かかるところに住んでいるのでなかなか行くことができませんが、近くを通ることがある時には必ず行くことにしています。
もう20年も前のことですが住んでいたころと変わらない姿で今も建ち続けていることが本当にうれしいです。
我が家の思い出がたくさん詰まっていたあの家をこれからも忘れることはないと思います。
また同じ場所に行くことがあったらまた住みたいと思っています。