ohaka to ojizousan


ひとり暮らしの方でペットを飼いたいという方は多いと思います。
私もそのひとりでした。
ところが、不動産屋に行くとペット可の不動産はほとんど存在しません。
私の場合は猫を飼っているのですが、犬は飼育可であっても、猫は飼育不可の物件がほとんどです。
同じ爪でも、床や壁に対して与えるダメージは猫よりも犬の方が大きいと思うのですが、ダメなのです。
理由は匂いが猫の方が強く、なかなか取れないからだそうです。
また、猫と比べ犬の方が従順で夜鳴きなどもしないという点も犬の方が飼育可になりやすい理由だそうです。
もちろん、犬でも小型犬でなければならなかったり、大家さんとの面接が必要な場合もあります。
このように、ペット可の不動産を探すのはなかなか大変なものです。
 私の場合、2つのタイプに絞って探すことにしていました。
それは、ペット共生型アパートタイプとやや古めのアパートタイプです。
 まず、ペット共生型アパート。
これは最近増えているタイプです。
ありがたい時代です。
1階が動物病院やトリミングのショップになっているなど何かあっても安心な場合が多いです。
また、足洗い場や屋上にドッグランが設置してあったり、室内の壁紙が猫や犬の爪が届く高さの部分までが傷を防いだり簡単に取り替えられるタイプになっていたり、防臭であったりとペットを飼っている方にとっては至れり尽せりの造りです。
 ただ、メリットばかりではありません。
デメリットとしては、家賃が高めであること、家賃の割には部屋の面積が狭い場合が多いことなどです。
また、やはり犬を前提としているタイプが多く、猫の飼育不可の場合もあるので注意が必要です。
さらに、当然ではありますが、犬の鳴き声がうるさかったりはします。
 次にやや古めのアパートタイプ。
これは、文字通り、やや古めの物件で、大家さんがペット可にでもしなければ入居者がいないということでペット飼育可にしているタイプです。
事実上ペット飼育用のアパートになっている場合が多いです。
現在私が住んでいるのがこのタイプです。
 このタイプのメリットはまず、家賃が安いこと。
また、家賃の割に部屋が広いこと。
ひとり暮しでは贅沢すぎるくらいの広さの場合もあります。
 ただし、やはりデメリットもあり、まず、古いこと。
和室である場合が多いこと。
これは古さゆえのしょうがないものでありますが、我慢できない方は避けたほうがよいでしょう。
ただ、流しや風呂トイレといった水回りがリフォームしてあるものであればそれほど気になるものではないと思います。
また、ペットを飼育する場合は敷金や家賃がややアップする場合があります。