ohaka to ojizousan


昨年会社で所有していた事業用不動産の支払いができなくなり任意売却という形での処分をしてみました。
まずは金融機関の融資保証会社と話をつけて、どれだけの猶予期間をもらえるかについて交渉します。
保証会社も自社で競売にするよりは出来るだけ高くうれて全額回収できるほうがいいため、かなり融通を利かせてくれます。
したがって最低でも3ヶ月程度は待ってもらえることになります。
そこで販売を手がけてくれる会社を探し、一般媒介で一斉に売りだしをはかります。
この物件の場合には地元の不動産会社2軒と保証会社から紹介してもらった任売に強い不動産会社1社を紹介してもらい計3社で販売をかけてみました。
実際任意売却であることは地元の業者には一切告知はしませんで、紹介を受けた1社のみが事業を知る状態でしたが、さすがに任売を専門に手がける業者はネットワークを持っているようでお客さんを探してくるのが早く、媒介契約をしてから毎週末には内覧を希望する顧客があつまるようになり、結果1ヶ月弱で販売にこぎつけることができました。
金額もできるかぎり高くということで希望には及びませんでしたが、無事残債を残ることもなくすべて処理することができました。
実際にやってみてわかることは、まずローン会社ときちんと向きあって話しをすることです。
彼らも最終的な目的は資金回収ですから、ある程度のことは事情を察して交渉に応じてくれます。
また販売価格については、やはり業者の見立てた金額が非常にいい線で販売額になっていきます。
どんな物件でもその地域の価格実績があるため、それを飛び越えて高い値段では売れなくなっています。
1つよくわかったのは、建築時に余分にお金がかかった物件でも処分するときにはそれを回収するのはきわめて難しいということです。
むしろ奇抜ではない一般的な物件のほうが、実は売却しやすいというのがポイントです。
だれしも最初から手放すときのことは考えないと思いますが、当初に投入した資金にこだわり過ぎるとうまく売却できなくなりますので、とにかくある程度あきらめて割り切って対応することが重要であろうと思います。
また売却にあたっては任意売却を専門とした業者を必ず一社入れて、確実なアドバイスと短期間での決済をめざすことが必要であることを痛感いたしました。
おそらくこの先同じ経験はしないと思いますが、こうしたプロセスを旨くこなすことができて大変助かった次第です。